四十路女の二輪免許取得奮闘記~普通二輪

【四十路女の二輪免許取得奮闘記~普通二輪その20~】

投稿日:2017年3月30日 更新日:

これまで身分証明書がわりに原付の免許を取り、そこからすぐ20代の頃に普通免許を取ってて車と原付でやり過ごしてきましたが、法定速度が30km/hと遅く流れに乗れず、しかも二段階右折で切符を切られたこともあり、その辺の煩わしさをとっぱらいたいと思い、原付の排気量を増やす(ボアアップ)方法があるって事で初めは原付二種(小型二輪)を取るつもりが、どうせならと高速に乗れる普通免許(~400ccまで)を取得することに決めたんだけど、世話になってるバイク屋のオヤジやかかぁは『足が届くのか?』と反対していました。。。そこでこれからの奮闘ぶりを記録していくことにしました

【facebook投稿 2017/03/30より抜粋】

第二段階シミュレーター3コマ目。今日はセット教習で休憩挟んで次のコマに続きます。今日はAT限定の人がいなかったのは偶然かな?今回の教官は前回のシミュレーター教習の時と同じ人でなんとなく安心(^^;まずは市街地コースを3回ずつ二人で交互に乗るけど、『基本的には危険がいっぱいだけど普通に走ってね』って言われてもさぁ~ついつい慎重になっちゃうよね(^^;用紙を配られて、乗ってる人の様子を見ながら危険だと感じた部分と、それに対処するにはどうしたらいいのかを書いていきます。いや~危険がいっぱいだわ。合図なしで割り込まれたり、右折しようとしたら直進の対向車のトラックが譲ってくれたので行こうとするとそのトラックの脇から直進のバイクが突進してきたり、自転車が飛び出してきたり、路駐の影から人や車が出てきたりトラックが一回で曲がりきれずに切り返したり、工事が休みで道路に穴があいてたり・・・危険と思ったところは10箇所まで書けるようになってたけどまぁ足りないよね。余白にびっしり書いてやりましたよ
で、2コマ目はそれぞれ書いたことについてディスカッション、の前に唯一の学科でタンデム(二人乗り)についての注意事項に関するDVDを見る。なんか免許の更新に来たみたいな雰囲気で途中ちょっと眠くなっちゃった(笑)教室2コマ連続でもこれだけ疲れるんだから2コマ続けて乗るとかあたしには無理だわ(^^;
ディスカッションでは教官が司会進行役になってお互いが書いたことを元にシミュレーター画面にその時の状況が映し出されて(なんとそれぞれの運転が録画されてたのね!)真上から見たり相手側からの目線で見たりしながら『こういう時はどうするべきだったと思いますか?』てなことを聞かれてみんなで話し合う、の繰り返し。あたしが走ってたとき信号のない交差点でギリこっちが優先道路?ぐらいのところで左から自転車が突っ込んできて衝突しそうになった事例があったんだけど、その話題になったときはかなり時間が多く割かれたね。自転車が走ってきた道路は両脇に歩道があって、それを含めるとこっちと同じくらいの道幅、交差点の中までセンターラインがひいてあるわけでもなくどっちが優先道路かを示す標識もない。こうなると左方優先(道幅が同じで特に優先道路が決められていない交差点の場合は左から来た車両を優先とする)が適用されてこっちが悪いってことになるんだろうか?やっぱり相手が自転車だからこれで事故った場合は大きいほうが悪いってことでバイクの過失が多くなるんだろうか??てな話をしてたら『近頃は自転車の過失もかなり認められるようになってきてるから一概に大きいほうが悪い、てなことにはなりにくいです』ということで、それにしても川崎区は自転車が絡む死亡事故が多いんだよね。神奈川県から川崎区を取り外してどっかにぶん投げちゃえば神奈川県の事故件数はかなり減るんだよ、横浜市の方が事故件数としては多いけど、人口比率からすると事故率は川崎区が断然高い。これは横浜には坂が多いから比較的自転車が少ないってことなんだよねって話でした。直進の対向トラックが譲ってくれたので右折しようとしたらトラックの脇からバイクが突進してきた事例では、このトラックが右折の合図を出していればすり抜けのバイクは左側通過ってことでOKなんだけど、このトラックは直進だったからすり抜けバイクは左側追い越しとなる。交差点の前後30mは追い越し禁止だからすり抜けバイクの違反となるからこっちが右折でも過失はすり抜けバイクの方が大きいってことになる、と。20代で車の免許取った時の学科を少しずつ思い出す感じがいいねぇ~、今回も大変勉強になりました♪
次の実車は急制動の他にたくさん課題をやる総仕上げの教習になります。その次の時間がみきわめだからね、なのでやることいっぱいだけどもう一度コース図を頭に叩き込んでおいてねってことで授業終了となりました
これで唯一の学科も、シミュレーター教習もすべて無事終わったしあとは乗るだけ。あと最短2コマでみきわめもらえちゃうけど、果たしてそれまでに車体を起こせるようになるのか??ちょー不安ですわ(´Д`;)

-四十路女の二輪免許取得奮闘記~普通二輪

執筆者:


comment

関連記事

no image

【四十路女の二輪免許取得奮闘記~普通二輪その4~】

これまで身分証明書がわりに原付の免許を取り、そこからすぐ20代の頃に普通免許を取ってて車と原付でやり過ごしてきましたが、法定速度が30km/hと遅く流れに乗れず、しかも二段階右折で切符を切られたことも …

no image

【四十路女の二輪免許取得奮闘記~普通二輪その23~】

これまで身分証明書がわりに原付の免許を取り、そこからすぐ20代の頃に普通免許を取ってて車と原付でやり過ごしてきましたが、法定速度が30km/hと遅く流れに乗れず、しかも二段階右折で切符を切られたことも …

no image

【四十路女の二輪免許取得奮闘記~普通二輪その22~】

これまで身分証明書がわりに原付の免許を取り、そこからすぐ20代の頃に普通免許を取ってて車と原付でやり過ごしてきましたが、法定速度が30km/hと遅く流れに乗れず、しかも二段階右折で切符を切られたことも …

no image

【四十路女の二輪免許取得奮闘記~普通二輪その9~】

これまで身分証明書がわりに原付の免許を取り、そこからすぐ20代の頃に普通免許を取ってて車と原付でやり過ごしてきましたが、法定速度が30km/hと遅く流れに乗れず、しかも二段階右折で切符を切られたことも …

no image

【四十路女の二輪免許取得奮闘記~普通二輪その10~】

これまで身分証明書がわりに原付の免許を取り、そこからすぐ20代の頃に普通免許を取ってて車と原付でやり過ごしてきましたが、法定速度が30km/hと遅く流れに乗れず、しかも二段階右折で切符を切られたことも …